線条グラスで自覚的にみえる線条や光点の位置から、
両眼視(抑制の有無、対応)の状態を、最も日常視に
近い状態で検査する器具。
仕組み
板ガラスの一面に細かい平行な傷をつけたものを、
45゚と135゚の方向に互いに直交するよう左右眼に枠入れしたメガネ。これを通して小光点をみると、45゚と135゚の方向に斜めに直交する光の線条が見える。
判定例

1. 一つの光点上に二本の光の線条が交叉している場合 : 正しい両眼視。(a)

2.一つの光点と一本の光の線条だけが見える場合 : 片眼に抑制のある単眼視。(b)

3. 二本の交叉する線条と二つの光点が見える場合 : 内斜視、または外斜視。(c、d)